テレワーク@ホーム

テレワークとは
テレワークとは
テレワークの簡単な始め方
テレワーク事例

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用し、会社や事務所、オフィスでなくても、場所にとらわれず、離れた場所で、就業時間にとらわれない、柔軟に働き方のことを言います。
*総務省「テレワーク推進」ページ参照

「tele」とは  離れた場所という意味で、「work」働くという意味で、それらを合わせ、「離れた場所で働く」という意味の造語です。

テレワークは、働く場所によって、3つの形態に分かれます。

1.サテライトオフィス勤務→会社から離れた拠点、自宅に近い企業のサテライト施設を利用する勤務形態

2.モバイルワーク→スマートフォン等を使い、外で業務を実施する形態

3.在宅勤務→自宅(家で働く)勤務形態

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用し、会社や事務所、オフィスでなくても、場所にとらわれず、離れた場所で、就業時間にとらわれない、柔軟に働き方のことを言います。
*総務省「テレワーク推進」ページ参照

「tele」とは  離れた場所という意味で、「work」働くという意味で、それらを合わせ、「離れた場所で働く」という意味の造語です。

テレワークは、働く場所によって、3つの形態に分かれます。

1.サテライトオフィス勤務→会社から離れた拠点、自宅に近い企業のサテライト施設を利用する勤務形態

2.モバイルワーク→スマートフォン等を使い、外で業務を実施する形態

3.在宅勤務→自宅(家で働く)勤務形態

テレワークは国内ではどれくら普及しているのか?

テレワークとカオナビHRテクノロジー総研、「リモートワーク」の実態に関する調査レポート(調査期間:2020年5月1日(金)~2020年5月7日(木))よると、
日本全体の平均で、35.5%、首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)のみで52.2%とのこと。

業種別でいうと、IT・インターネットの業界で、68.4%、会社規模が大きい方が、リモートワーク率が高かったようです。

業種別にリモートワークし易い、或いは難しい業務もありますが、リモートのIT環境が整っているところが、やはり実施に踏み切り易かった背景があったでしょう。

*以下より引用
カオナビHRテクノロジー総研調査レポート

テレワークとカオナビHRテクノロジー総研、「リモートワーク」の実態に関する調査レポート(調査期間:2020年5月1日(金)~2020年5月7日(木))よると、
日本全体の平均で、35.5%、首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)のみで52.2%とのこと。

業種別でいうと、IT・インターネットの業界で、68.4%、会社規模が大きい方が、リモートワーク率が高かったようです。

業種別にリモートワークし易い、或いは難しい業務もありますが、リモートのIT環境が整っているところが、やはり実施に踏み切り易かった背景があったでしょう。

*以下より引用
カオナビHRテクノロジー総研調査レポート

テレワーク・リモートワークを実施するためにはどんなIT(システム)が必要?

主に以下4つのIT(システム)が必要になります。

1.利用端末(業務上使用可能なパソコン、スマートフォン等)

2.テレワーク環境の選択(サテライトオフィス勤務型、モバイルワーク型、在宅勤務型)

3.コミュニケーションツール(Web会議機能<Webカメラ機能>、チャット機能、メーラー、電話、他)

4.労務管理ツール(電子タイムカード、勤怠管理システム、など)