テレワーク@ホーム

テレワークとは
テレワークとは
テレワークの簡単な始め方
テレワーク事例

テレワークの簡単な始め方

テレワークに踏み切れない背景

背景1:

仕事の分担、評価制度、文化の問題

日本では、助け合い、チームワークで仕事をこなしてきた半面、業務分担が明確になってないため、遠隔での仕事が難しい。

また、評価基準も曖昧で、業務時間の拘束が必須であり、遠隔では開始、終了時間等の勤怠管理が困難。

人間関係をスムーズに調整しながら進める業務の形が多く、Web会議などでの遠隔でのコミュニケーションが難しい。

など様々な壁がある。

背景2:IT分野の問題

.IT機器が高い、導入費用が高い
サーバ構築費用、ライセンスなど機器導入費用が高い

2.ITを分かる人材が社内にいない
サーバの運用や管理ができる人材が社内にいない

3.セキュリティーの問題


1)パソコン端末のセキュリティー問題
顧客情報・機密情報・内部情報、などを持ち出せない

1.パソコンが盗難・紛失
2.パソコンやUSBメモリを外部に置き忘れる
3.パソコンやUSBメモリがウィルスに感染する
自宅のインターネット環境が脆弱だとウィルス感染し会社の情報が流出してしまう。

4.パソコンを外部ハッカーから覗かれる


2)通信環境のセキュリティ問題
外部からオフィスのシステム、データへアクセスが困難

1.オフィス内のデータへの不正アクセスによる情報漏洩
2.データへのウイルス感染
3.外部パソコン同士、スマートフォン同士のデータ交換、テレビ会議時等の情報漏洩

会社のデータを持ち出さなくても、会社の情報を自宅や外出先から、安全に見ることができる環境をつくる

パソコンを万が一どこかに置き忘れたり、盗難されても、パソコンの中にデータは入っていなければ安心

方法1:外部からオフィスのパソコン、システム、サーバ等のデータへ安心してアクセスできる環境の構築

外部からでもオフィス内部の必要情報にアクセスでき、オフィスにいるような感覚で仕事が可能となる

方法2:外部パソコン同士、スマートフォン同士のデータ交換、テレビ会議時でのデータ交換等も、安心して可能なセキュアなプラットフォーム環境の構築

オフィス内部情報だけではなく、外部にいる社員同士もオフィス内部と同じようにセキュアな環境でデータ交換可能

主な4つのテレワーク方式

テレワーク環境には大きく4つの方式がある

テレワークの方法には、以下の4つの方法があります。企業の業種業態に合った方式を選ぶことが大切です。

オフィス内外や利用端末の場所を問わず、Web上からクラウド型アプリにアクセスし、どこからでも同じ環境で作業ができます。必要なアプリケーション(機能)が、企業のコンピュータや専用サーバ上ではなく、クラウドサーバ上にあります。既存の社内システムに新しくシステムを組み込む必要はありません。オフィスに設置された端末がインターネットにつながっていれば、アプリケーションに対してアクセス可能なライセンスや認証を取得するだけで利用可能です。

アプリケーション利用のためのライセンスについて、契約によっては1年毎に更新が必要です。

    

オフィスに設置されたPCのデスクトップ環境を、別のPCやタブレット端末等で遠隔から閲覧及び操作することができるシステムです。作業は遠隔操作で実施。
そのため、全ての作業がオフィスの端末で行っている状態と同じで、手元の端末にデータは残りません。保存したファイルはオフィスにある端末上に保存され、情報漏えいが起きにくいというメリットがあります。
新しくシステムを組み込む必要はなく、オフィスに設置された端末がインターネットにつながっていれば、専用アプリケーションや専用機器(USBキー等)を介してシステムを利用することができます。

サーバが提供する仮想デスクトップに、手元にあるPCから遠隔でログインして利用するシステムです。リモートデスクトップ方式との違いは、サーバにアクセスして利用する点です。作業した内容はサーバに保存され、手元の端末には残りません。また、仮想デスクトップ利用者が自由にソフトウェアをインストールするのを防止することができ、ソフトウェア のアップデート等は管理者から実行可能です。
オフィス内に、仮想デスクトップを管理するサーバやVPN装置等の設置が必要です。また、社外専用端末にはVPNソフトのインストールが必要です。
仮想デスクトップでは、導入したサーバのリソースを配分して利用するため、グラフィックを頻繁に用いる等のマシンパワーを要する専門職(設計職、デザイン職等)が利用することは不向きです。

会社で使用しているPCを社外に持ち出し、主にVPN経由で業務を行う方式です。実際に採用する場合は、企業から従業員に対して、情報漏えい対策等の十分なセキュリティ確保のほか、私的利用の制限等の技術的な機能制限をしておく必要があります。
PCに多くの業務データが格納された状態で社外へ持ち出すこととなるため、PCの盗難や紛失による情報の漏えいが発生する恐れがあります。そのため、企業側からテレワーク専用のPCを貸与する場合は十分なセキュリティ対策がなされたものを用意することが必要です。

方法1:クラウド方式

オフィス内外や利用端末の場所を問わず、Web上からクラウド型アプリにアクセスし、どこからでも同じ環境で作業ができます。必要なアプリケーション(機能)が、企業のコンピュータや専用サーバ上ではなく、クラウドサーバ上にあります。既存の社内システムに新しくシステムを組み込む必要はありません。オフィスに設置された端末がインターネットにつながっていれば、アプリケーションに対してアクセス可能なライセンスや認証を取得するだけで利用可能です。

アプリケーション利用のためのライセンスについて、契約によっては1年毎に更新が必要です。

方法2:リモートデスクトップ方式

オフィスに設置されたPCのデスクトップ環境を、別のPCやタブレット端末等で遠隔から閲覧及び操作することができるシステムです。作業は遠隔操作で実施。
そのため、全ての作業がオフィスの端末で行っている状態と同じで、手元の端末にデータは残りません。保存したファイルはオフィスにある端末上に保存され、情報漏えいが起きにくいというメリットがあります。
新しくシステムを組み込む必要はなく、オフィスに設置された端末がインターネットにつながっていれば、専用アプリケーションや専用機器(USBキー等)を介してシステムを利用することができます。

方法3: 仮想デスクトップ方式

サーバが提供する仮想デスクトップに、手元にあるPCから遠隔でログインして利用するシステムです。リモートデスクトップ方式との違いは、サーバにアクセスして利用する点です。作業した内容はサーバに保存され、手元の端末には残りません。また、仮想デスクトップ利用者が自由にソフトウェアをインストールするのを防止することができ、ソフトウェア のアップデート等は管理者から実行可能です。
オフィス内に、仮想デスクトップを管理するサーバやVPN装置等の設置が必要です。また、社外専用端末にはVPNソフトのインストールが必要です。
仮想デスクトップでは、導入したサーバのリソースを配分して利用するため、グラフィックを頻繁に用いる等のマシンパワーを要する専門職(設計職、デザイン職等)が利用することは不向きです。

方法4: 会社PCの持ち帰り方式

会社で使用しているPCを社外に持ち出し、主にVPN経由で業務を行う方式です。実際に採用する場合は、企業から従業員に対して、情報漏えい対策等の十分なセキュリティ確保のほか、私的利用の制限等の技術的な機能制限をしておく必要があります。
PCに多くの業務データが格納された状態で社外へ持ち出すこととなるため、PCの盗難や紛失による情報の漏えいが発生する恐れがあります。そのため、企業側からテレワーク専用のPCを貸与する場合は十分なセキュリティ対策がなされたものを用意することが必要です。

*上記、総務省HP参照

簡単なテレワーク環境の作り方

最も簡単なテレワーク環境の作り方は?

一番手軽に始められるリモートデスクトップ型

オフィスのパソコン(デスクトップでもノートでも大丈夫です!)の電源を入れておけば、外部からパソコンで会社のパソコンにアクセスでき、リモートで遠隔操作可能となる形です。

メリット1:会社のデータを持ち出さなくて仕事が可能

メリット2:手元のパソコンにデータが残らないので、紛失・盗難による情報漏洩リスクを低減

メリット3:新しくシステムの追加は必要なし!

オフィスに設置された端末の電源がついていて(ノートは液晶部分を閉じていてもOK!)、インターネットにつながっていれば、専用機器やアプリケーションを介して操作可能

テレワーク環境を簡単に作るためには何が必要?

必要最低限の機能(機器)とは?

「テレワーク環境4点セット」 + パソコン

「テレワーク環境4点セット」とは
「サーバ」「ルータ」「VPN」「UTM」

「テレワーク環境の4点セット」についてそれぞれかみ砕いてご説明します。

「サーバ」とは(server:提供する側)の略。「サーバー」ともいいます。

インターネットを通じて、情報を提供する機器を意味する言葉。逆に、サービスを受ける側を「クライアント」といい、パソコン等の情報を受ける機器を意味します。

企業では会社にサーバがおいてあり、重要なデータをサーバに預けていて、会社内でパソコンから会社のデータにアクセスして仕事をする形が一般的です。

「ルータ」又は「ルーター」とは(router)物を送る経路[道筋]を決める人という意味で、
「複数あるネットワーク間で情報を中継する通信機器」のこと。

例えば「社内ネットワーク」と「外部のインターネット」ある場合、社内ネットワークにつないだパソコンからインターネットの向こうにいる人と通信ができるようにする役割がルータとなる。
ルータが宛先のIPアドレスをもとに適切な経路を選択し、データを転送することで最終的に宛先アドレスにデータが届く。

VPNとは:

「VPN」とはVirtual Private Networkの頭文字を略語です。

離れた場所同士で、その間を仮想的な専用線でつなぎ、安全にデータ通信が行える機能です。
VPNを使えば、無料Wi-Fiなど公衆回線での通信も安全に使用できるようになります。

VPNの種類:

VPNには、以下2種類があります。

1)専用線のタイプ

メリット:
・アクセスが集中しても速度が落ちない
・通信内容を暗号化していなくても盗聴・改ざんなどの情報攻撃を受けるリスクが低い

デメリット:導入費用が高額になる

2)インターネットVPNタイプ

メリット:
・導入費用は安価

デメリット:
・インターネットが混んでいる時は速度が落ちることもある。
・第三者に通信内容を覗かれるリスクがあるので、データを暗号化できる機能が必要

2つのインターネットVPNの暗号化技術:

1)SSL暗号通信が可能なSSL-VPN
SSLはSecure Sockets Layerの略で、インターネット通信を暗号化する技術。
・Webブラウザや業務アプリケーションのSSLをそのまま活用可能。複雑な設定や専用ソフトの導入必要なし。

2)暗号化や認証をIP層で実施するIP Sec-VPN
通信の出入り口のIP層ですべて自動で暗号化
・Webブラウザやアプリケーションに関係なく自動で通信を暗号化可能。
・ソフトのインストール、暗号化や認証など複雑な環境設定が必要(導入費用が高い)

「UTM」は(Unified Threat Management)の略で、統合脅威管理の意味で、セキュリティ対策の一つの方法になります。
ネットワークを介した様々な脅威に対し、脅威に応じた様々な機器を個別に導入、管理せず、集約して管理することを意味します。

「外部」からの①不正アクセス、②高度化するハッカーから攻撃、「内部」からの③機密情報漏洩、④有害サイトへのアクセス対策、等。日々進化する脅威に追随し、問題のある通信をブロックする、総合管理可能な機能をUTMといいます。

サーバとは:

「サーバ」とは(server:提供する側)の略。「サーバー」ともいいます。

インターネットを通じて、情報を提供する機器を意味する言葉。逆に、サービスを受ける側を「クライアント」といい、パソコン等の情報を受ける機器を意味します。

企業では会社にサーバがおいてあり、重要なデータをサーバに預けていて、会社内でパソコンから会社のデータにアクセスして仕事をする形が一般的です。

ルータとは:

「ルータ」又は「ルーター」とは(router)物を送る経路[道筋]を決める人という意味で、
「複数あるネットワーク間で情報を中継する通信機器」のこと。

たとえばスマートフォンや携帯電話で、「テレワーク」というキーワードを Google で検索すると、スマートフォンは「WiFi(無線でネットワークに接続する技術)」 経由で「 WiFi ルーター」という機器に接続。 WiFi ルーターは 通信規格であるLTE、3G や 4G、等で近くの基地局と接続し、その先のインターネットに接続。さらに Google サーバにリクエストが届き、検索されます。
こうやって、WiFiとインターネットという異なるネットワーク間を繋ぐ役割を果たしているのが、ルーターの役割です。

VPNとは:

「VPN」とはVirtual Private Networkの頭文字を略語です。

離れた場所同士で、その間を仮想的な専用線でつなぎ、安全にデータ通信が行える機能です。
専用線であるため、一斉にアクセスが上がっても、高速を維持できる機能でもあります。

仮想プライベート・ネットワークともいい、社内ではそれをLANで行っています。

社外ではLANがないため、以下2点の問題があります。

問題1:情報漏洩やハッカーによる攻撃リスク

問題2:大勢がアクセスするので、通信速度が遅くなる

VPNを構築するには高額な費用がかかり、導入のハードルが上がってしまうので、年間契約等で外部サービスを使うことが一般的です。

UTMとは:

「UTM」は(Unified Threat Management)の略で、統合脅威管理の意味で、セキュリティ対策の一つの方法になります。
ネットワークを介した様々な脅威に対し、脅威に応じた様々な機器を個別に導入、管理せず、集約して管理することを意味します。

「外部」からの①不正アクセス、②高度化するハッカーから攻撃、「内部」からの①機密情報漏洩、④有害サイトへのアクセス対策、等。日々進化する脅威に追随し、問題のある通信をブロックする、総合管理可能な機能をUTMといいます。

簡単にテレワーク環境を作るポイントとは?

簡単なテレワーク環境構築には、機器の買い方が肝!


機器購入は、「機能の網羅性」「導入の容易性」
の2点を抑えよ!


【通常の買い方】

「網羅性」を検討せず、機器を別々に購入する

デメリット:サーバ、ルータ、VPN、UTMとそれぞれ個別に設定する必要あり

根本原因:「VPNルータ」と「UTM」は一体型されているケースが多いが、「サーバ」と「ルータ」は殆ど別々になっている

1.サーバに必要なアプリのインストール、ルータ側で必要なポートの穴あけ等の手間発生

2.UTMを入れることでスループットが落ちるリスクUP

3.UTMの設定が複雑となるので導入のハードルUP

従い、導入費用が高額になるケースが多い

【成功する買い方】

「機能網羅性」と「導入容易性」を兼ね備えた機器購入の選択

「機能網羅性」→サーバ、ルータ、VPN、UTMの機能をすべて網羅した機器を購入

「導入容易性」→4つの機能を一括設定可能(導入容易性)

簡単にテレワークを始められるシステムって何?

「機能の網羅性」&「導入の容易性」の二つを実現

「機能の網羅性」と「導入の容易性」の二つを実現する機器として、

高機能サービスゲートウェイ RS-100L

があります

高機能サービスゲートウェイ
RS-100Lの特徴

機能網羅性」→サーバ、ルータ、VPN、UTMの機能をすべて網羅した機器を購入
「導入容易性」→4つの機能を一括設定可能

サーバ編

1.テレワークに必要なアプリを選択、登録することですぐに利用可能
2.ファイル共有やVPNはID/PWと簡単な設定ですぐに利用可能

サーバ側でインストールした機能に応じてルータ側の設定が連動して変更される

ネットワーク編

1.セキュリティ機能は専門知識不要(誰でもかんたんに運用開始でき、日々の運用管理にも負担がかかりません。)
2.シグネチャは自動更新され、常に最新のものが適用されます。(1つの画面で7つのセキュリティ機能を管理できます。)
3.搭載されているUTMは他社ハイエンドモデル並みの処理性能を発揮します

高機能サービスゲートウェイ RS-100Lは
どんな仕組み?

高機能サービスゲートウェイ
RS-100Lの特徴(詳細)

プライベートクラウドを1台で実現

Intel®プロセッサを搭載したCPUボード、ハードディスク(以下、HDD)と無線LAN機能を有することで、ネットワーク設定などを装置内部で一括設定でき、無線ネットワーク構築と利用者を限定したプライベートクラウドを1台で実現します。

HDD(2TB:テラバイト)を搭載し、個人情報などの秘匿性の高いデータを管理可能なオンラインストレージ機能で、データを外部に持ち出すことなく利用することができます。また、外付けHDDを使用したソフトウェアRAID1によるデータのミラーリングが可能です。

さらにVPN機能を利用することにより、事業所外からアクセスしてアプリケーションの操作や情報閲覧を行うことが可能です。

 

さまざまなセキュリティ機能により外部からのサイバー攻撃に対応

 ネットワークの出口・入口に対する対策として有効なセキュリティ機能を集約し、一元的に管理するUTM(Unified Threat Management)機能を搭載。

本製品ネットワークの出入り口に設置することで、外部からのサイバー攻撃による脅威から自社のネットワークを防御するとともに、内部からの不正アクセスによる情報漏洩を未然に防止します。

 機能名内容
1ファイアウォールお客様のネットワーク環境(イントラネット)とインターネットの境目(エッジ)に設置し、その間の通信をポート制御することで、イントラネットからインターネット接続を損なわず、インターネットからお客様のネットワーク環境のアクセスを制限します。
2アンチウィルスホームページ閲覧時やメール受信、その他のアプリケーションの通信を監視し、ダウンロードするファイルにウイルスが混入していないかをチェックし、発見時には無害化します。
3不正侵入防止検出/防止(IDS/IPS)ファイアウォールでは検知できないネットワークに対する攻撃を認識/防止することができます。社内ネットワークへの不正なアクセスを検知して防御する機能です。
4Webガードフィッシングサイトなどの詐欺サイトや、閲覧によりウイルス感染の可能性がある危険なサイトへのアクセスをガードします。
5URLフィルタリング多くの著名なサイトのURLをカテゴリごとに登録済みです。このカテゴリに対してアクセス禁止などの動作をユーザで設定可能です。
6URLキーワードフィルタリングWeb閲覧において、あらかじめユーザが設定した特定の文字列をURLに含むページのアクセスをブロックします。
7アプリケーションガードチャットアプリ、ファイル交換ソフト、SNSサイト、動画サイトなど、業務に関係ないアプリケーションの通信を検出し、制御することが可能です。

常に最新情報での安全対策を提供

株式会社ラックとの協業により、日本特有のサイバー攻撃に特化したシグネチャを本製品に適用、中小企業様にも安心のセキュリティをご提供いたします。

ライセンス期間中、シグネチャは定期的に自動更新しますので、ご利用者は意識することなく、常に最新状態でご使用いただけます。

UTM機能は、本製品に添付のライセンスで1年間ご利用いただけます。2年目以降はライセンスのご購入が必要です。

簡単設定&簡単実装(最短翌日からテレワーク開始可能!)

簡単設置

本品の基本的な接続は上図の通りです。

 
設置のパターンとしては、以下の3パターンを想定します。
                 
1)新規にネットワークを構築
RS-100L導入のタイミングで新規に社内ネットワークを構築
 
2)既設のルータとRS-100Lを入れ替え
既設のルータ設定値を控えておき、RS-100Lに同じ設定を行うことで、入れ替えがスムーズに行えます。
                
3)既設のネットワークに追加
RS-100L用のインターネット契約が必要となります。
本品のUSBポートにUSBーLAN変換コネクタを接続し、既設のネットワークに接続します。
これにより、RS-100Lを介して外部から既存ネットワーク配下のPCにリモートデスクトップ接続が可能です。
 
 

簡単設定

RS-100Lの設定は、LANポートに接続したPCからWEB経由(WEB設定画面)で行います。
大まかな流れは以下の通りです。

1)ルータ初期設定を行いInternet接続可能な状態にする
2)次にWafflecellのアクティベートと設定を行う

※RSー100L本体にディスプレイ、キーボードを接続しての設定は行いません

注意事項

・電源投入後、機器が動作するまで140 秒かかります。設定はそれ以降に開始してください
・初期状態では無線LAN機能はOFFになっています。

初期設定の流れ

初期設定の流れ

運用環境に合わせたアプリケーション簡単実装

お客様がご利用中のアプリケーションや、新たに開発したアプリケーションの実装が可能であり、目的や運用に合わせたシステム環境を構築できます。

ファイル共有ソフトや仮想デスクトップ・VPN(IPSEC/L2TP)などのアプリケーションをすぐに利用できます。

 

コンパクトな筐体に各種機能を搭載

さらに、ファイル共有・セキュリティ・ルータなどの機能も搭載しました。

 

本体

項目仕様備考
サーバ部CPUプロセッサIntel Atom E3845 
周波数1.91GHz 
コア数4コア 
OSDebian9 64bit(Linux)ベース* 
メモリ8GB 
ストレージHDD2TB 
冗長構成ソフトウェアRAID1USB3.0接続外付けHDDにより対応
USBUSB3.0 ×1、USB2.0 ×1Type Aコネクタ
シリアルD-sub9ピン ×1 
Audioマイクイン1 
ラインアウト1 
HDMI1 
ルータ部WANポート数11000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
物理IFRJ-45 
LANポート数31000BASE-T/100BASE-TX
(Auto MDI/MDI-X対応)
物理IFRJ-45 
無線LANIEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯) 
動作モードルータモード/ブリッジモード 
装置UIスイッチ正面 : 電源、FUNC1、FUNC2
背面 : OPT1、OPT2、RESET
 
ランプ表示電源、FUNC1、FUNC2、ディスク、ROUTER、NETWORK、WIRELESS、ALERT1、ALERT2、INFO、OPT1、OPT2 
FAN1 
VCCIClass B 
電源電圧100V AC ± 10% 50Hz/60Hz±5%ACアダプタ
外形寸法(mm)約110(W) × 185(D) × 230(H)突起部を除く
質量約3.0kg 
消費電力40W 
動作保証温度条件5℃~35℃、20%~80%結露しないこと
  • *Linux(カーネル)を含むオープンソース・ソフトウェアは当社がその動作を保証するものではありません。

  • 本製品の故障によりHDDに記載されたデータが消失したり使用できなくなった場合、弊社では障害の責任を一切負いかねます。HDDのデータは定期的にバックアップをお取りください。
 
項目 仕様 備考
サーバ部 CPU プロセッサ Intel Atom E3845
周波数 1.91GHz
コア数 4コア
OS Debian9 64bit(Linux)ベース*
メモリ 8GB
ストレージ HDD 2TB
冗長構成 ソフトウェアRAID1 USB3.0接続外付けHDDにより対応
USB USB3.0 ×1、USB2.0 ×1 Type Aコネクタ
シリアル D-sub9ピン ×1
Audio マイクイン 1
ラインアウト 1
HDMI 1
ルータ部 WAN ポート数 1 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
物理IF RJ-45
LAN ポート数 3 1000BASE-T/100BASE-TX (Auto MDI/MDI-X対応)
物理IF RJ-45
無線LAN IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
動作モード ルータモード/ブリッジモード
装置 UI スイッチ 正面 : 電源、FUNC1、FUNC2 背面 : OPT1、OPT2、RESET
ランプ表示 電源、FUNC1、FUNC2、ディスク、ROUTER、NETWORK、WIRELESS、ALERT1、ALERT2、INFO、OPT1、OPT2
FAN 1
VCCI Class B
電源電圧 100V AC ± 10% 50Hz/60Hz±5% ACアダプタ
外形寸法(mm) 約110(W) × 185(D) × 230(H) 突起部を除く
質量 約3.0kg
消費電力 40W
動作保証温度条件 5℃~35℃、20%~80% 結露しないこと
  • *Linux(カーネル)を含むオープンソース・ソフトウェアは当社がその動作を保証するものではありません。
  • 本製品の故障によりHDDに記載されたデータが消失したり使用できなくなった場合、弊社では障害の責任を一切負いかねます。HDDのデータは定期的にバックアップをお取りください。

外観

外観

正面
背面

商品構成

  • RS-100L(本体)
  • ACアダプタ(DC19V、3.4A)
  • ACケーブル(約2m)
  • 取扱説明書
  • 本製品のご使用条件
  • 「Waffle Cell」プロダクトIDシール
  • 注意事項・保証書
 

オプション

追加ライセンス(1年)

本体のライセンス期間を1年間(365日)延長し、本体のライセンス年数と合わせて最大7年間まで延長することができます(ライセンス期間の延長はライセンス有効期間内にのみ可能です)。

簡単なテレワーク環境を実現した活用例

税理士事務所A様の活用例 

~重要な情報を流出させないために~

税理士事務所のテレワーク実現における課題

顧客の個人情報・機密情報・会計情報をはじめとする重要な情報を扱う税理士事務所では、情報は事務所で厳重に管理する必要があります。

個人情報・機密情報の盗難・PCの置き忘れ・のぞき見などの情報漏洩、危険な通信使用によるハッキング、重要な情報を流出などのリスクを回避するため、事務所の情報を外部に持ち出すことは難しいく、テレワークは実現不可能な状況でした。

税理士事務所のテレワーク実現課題におけるご要望

1.サーバや会社のPCから情報を持ち出すことなく、外出先、訪問先でお客様と情報を共有したい

2.外出先や自宅から事務所の情報に安全にアクセスし、業務がスムーズに行えるようにしたい。

3.事務所でないと仕事ができず、事務所に入りびたりの生活から、ワークライフバランスの改善、事務所メンバーの健康維持も配慮したい

税理士事務所のテレワーク実現課題に対する解決策と効果

解決策:「高機能サービスゲートウェイ RS-100L」の導入

効果:

1.サーバや会社のPCから情報を持ち出すことなく、外出先、訪問先でお客様と情報を共有できるようになった

2.VPNにより、外出先や自宅から事務所の情報に安全にアクセスし、業務が継続シームレスに継続できるようになった

3.自宅や外出先、訪問先でも仕事ができるようになり、業務の圧倒的な効率化、通勤時間の削減による、ワークライフバランスの改善も図れるようになった

税理士事務所A様で導入された、
高機能サービスゲートウェイ
RS-100Lの導入構造

1.事務所にRS-100Lを1台配置

2.在宅勤務者、各クライアント様が、安全なVPN経由で、事務所のデータにアクセス可能にした

3.導入時は、マニュアルを見ながら事務所内のメンバーで設定



製造業B社様の活用例 

~設計情報の共有と活用のために~

製造業B社様のテレワーク実現における課題

グローバル競争の激化、リードタイムのさらなる短縮、多品種少量生産による仕様の増大により、製品の開発・設計業務は膨大になりつつあった。

効率的な業務推進に、開発情報、設計情報の生産、調達部門等の部門間、或いは拠点間共有、サプライヤー様へ早いタイミングで開示しながら、効率的に業務を進め、フロントローディングすることが必要とのことだった。

一方、製品の開発・設計情報は重要なノウハウ情報や次機種情報など、競争力維持のために非常に重要な情報のため、ハッカーによる不正アクセスや、設計情報流出など社内外のセキュリティの脅威から、共有が困難な状況だった。

会議室やオフィスでの仕事が続き、さらに通勤時間が長いなど、仕事中心の生活が続き、家族との団らんの時間が減少する、運動不足など、ワークライフバランスが乱れ、社員の生活が心配であった

製造業B社様のテレワーク実現課題におけるご要望

1.重要な開発・設計情報流出等の社内外のセキュリティの脅威からデータを保護し、有効な情報共有により、開発・設計品質向上、生産性向上を図りたい

2.部門間、拠点間、関係会社、サプライヤー会社等と設計情報を早い段階で共有し、必要な情報にタイムリーかつ安全にアクセスすることで、スピーディなものづくり、付加価値の高い製品開発・設計ができるようになりたい

3.自宅や拠点への出張先、外出先からも仕事ができるようになり、社員が効率的に仕事ができるようにしたい。そして、家族との団らんの時間など、仕事中心ではない生活ができるようになってほしい

製造業B社様のテレワーク実現課題に対する解決策と効果

解決策:「高機能サービスゲートウェイ RS-100L」の導入

1.
UTM機能で不正アクセスをブロック
2.開発・設計情報をオンラインストレージに保管
3.開発・設計情報を外部からも安全にアクセス可能とする

効果:

1.重要な開発・設計情報流出など社内外のセキュリティの脅威からデータを保護できるようになった。

2.設計情報をオンラインストレージ機能で部門間、拠点間、関係会社、サプライヤー様と共有し、必要な情報にタイムリーかつ安全にアクセスすることで、フロントローディングが実現し、スピーディで付加価値の高いものづくりを実現できるようになった。

3.重要情報を持ち出すことなく、自宅や外出先でも仕事ができるようになり、通勤時間の減少、家族との団らんの時間の増加につながり、社員のワークライフバランスが図れるようになってきた

製造業B社様で導入された、
高機能サービスゲートウェイ
RS-100Lの導入構造

1.工場にRS-100Lを1台配置

2.UTM機能でハッカーなどの不正アクセスをブロック

3.VPN機能で、必要な部署のアクセス、外部関連部品メーカーのアクセスを可能とした

4.業務外の社内アクセスもブロックできるようにした

5.導入時は、マニュアルを見ながら工場のメンバーで設定